仕事を知る

1.建設コンサルタントの役割

社会資本は私たちの生活の基盤となっている、道路や河川、公園、水道、下水道などの身近な公共施設をいいます。
私たち建設コンサルタントは、これらの社会資本を、計画・設計という観点から、技術力、知識などを駆使して整備するのが主な仕事となっています。
社会資本の整備には大きく4つのことが求められています。

01

災害に備える

02

自然とともに生きる

03

快適で住みやすいまちづくり

04

古くなった社会資本を活かす

私たちはコンサルタントとして、社会資本整備やまちづくり、また民間のお客様の民間資本整備に対して、提案やサポートをすることを役割としております。

2.仕事の流れ(建設コンサルタント部門)

設計するために重要なことは、設計図面の正確さはもちろん必要ですが、相手の要望を理解し、そのための資料を取りまとめ、納得させることができる能力です。
技術力や知識をもとに幅広い視点からの提案を求められています。

3.仕事の流れ (民間開発部門)

お客様が新しい建物を計画するにあたって、法令調査を行い、問題点や課題を抽出し、立地が可能となるための提案を行うことから業務が始まります。
お客様の要望に基づく、計画・設計図書を作成し、事業計画に沿った行政から許認可を得ております。
事業検討の段階から運用開始までの一連の事業の流れに携わっております。

4.新入社員のとある1日

09:00〜 業務スタート

◆業務内容
・社内清掃
・メールチェック
・サイボウズで1日のスケジュール確認

「今日中に終わらせてやろう!」
業務量が通常より多い日こそ、
意気込んで業務スタート

09:30〜 図面作成

◆業務内容
上長より指示された図面をCADで作成。
仕上がった図面を印刷して、
自己チェックをしてから上長へ確認依頼。
他にもCADで土地の境界をトレース(なぞり書き)して、
公図を作成。

正確に作成することを心掛けよう!

13:00〜 工事発注対応(数量計算)

◆業務内容
担当業務の工事発注に必要な
・人工(1日に何人の人手が必要か)や
・材料(部材)の数量を、設計図に基づき数量
計算書に入力していきます。

自分で理解できているところは
自信もってできるけど、
経験がないところを間違えたくないな〜。
自然とチェックの数が増えちゃう・・・

16:00〜 中間業務報告

◆業務内容
・1日の成果を上長へ報告
※不明点などは都度上長に相談します!

自分でのチェック作業が
得意じゃないから、
大丈夫かな・・・

15:00〜 工程会議

◆業務内容
・各案件の進捗状況や人手が足りない業務
を報告相談を実施
・上長からの質問や確認が入る

担当業務の工程報告は
自分で発言できるようになりたいな・・・
担当業務の全体工程の内何%仕事が進んでいるのかを
しっかり把握していくことが1年目の目標だから、
頑張らなくちゃ!!
DCP PHOTO

17:30〜 翌日以降の準備

◆業務内容
・業務報告と今後やることを10分前に報告
・作業日報の入力

業務量が多い日の報告は
伝達漏れを避けるために
事前準備として文章を作成してから
報告しなくちゃ!

18:00〜 業務終了⇒PRV

◆PRV
週1程度は気晴らしに友人と夕食を食べたり
ショッピングに♪

TOP